×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

○開幕
・前ジャンプがイイ。天放・遠S出してたらJS>JHSが確定。
何もしてなかったら前後ダッシュで逃げればそれほど問題ない。

○起き攻め
・座談>BSで弁天をかわし電波が有効

○立ち回り
・遠距離になったらいっそ端:端にしたほうがよさげ。
この距離だと相手は牽制届かないから座談しける。
牽制ガードしたら少し歩く、またガードで近づきつつ直ガ。
・近付く手段は低空ミサからの空中ダッシュで、着地際にもう一発撃っておくのが定石
・アクセルのダメージソースである鎌青は溜め技ということを考慮して、
相手との位置を左右に揺さぶりながら戦うのも有効?
差し合い
・立Pはガンダッシュ、鎌閃は読んで空ダッシュ
・中距離で相手の振ってくる技は当身、3P、遠S、2Dとか。
3P、遠S、2Dどれもタイミング悪いと遠S、2Kあたりがしっかり潰される。
こっちが振る技は遠S、2K、6P、カイ現。
・2K>2Sが届きづらいから注意。2Kは当身読み以外封印?
・近距離では、相手の2Dが届かなくてこっちの2Kが届くくらいの距離をキープすれば
遠Sと2Kが共に牽制として有効に使える。
・カイ現は2HS、2Pあたりを潰して距離があってればカウンターで6〜7割とれる(天放石に注意)。
6Pは天放対策。先述の2Kが届きづらいのもあって下段が薄くなりがち。
・当身対策でおもむろに生地ミサ出すのもありかも。
・空ミサ撃つときとレンセン読んだ時以外は飛ばない方がいい
・Lv3になったらBS>最低空ミサという流れで撃てば牽制に潰されることがなく安全。超重要。
低空と中空を適度に混ぜると相手はダッシュで近づきにくくなる。
ガード
・攻められた時は、鎌閃青ガード後に昇竜、陽舞ガード後に立ちKor遠S、これだけ。
・ガードゲージがピカピカ光りがちになるけど、相手は崩しになるような技は
羅鐘旋若しくは投げしかないし、羅鐘旋の方は単発のダメージだけだからあまり気にしなくてもいい

○ネタ
・アクの立P先端ぐらいの距離で、ダッシュジャンプ>昇りFD>頂点ぐらいからJHS。
ジャンプ見てからの立Pに相殺以上をとりやすい。毎回相殺読みで空ミサや
JS(立Pの戻りに当てる)>空ミサなんかを仕込んでアドバンテージをとる。
ゲージ50%以上推奨、基本的に前Jからだけど、立Pを誘う意味で垂直Jからやっても
いいかも。早過ぎるor遅すぎる立Pにはカウンターをとられる微妙ネタ。